公共・事業用太陽光発電システム

京セラソーラーFC横浜青葉

【当社施工例 】 川崎市南百合ヶ丘小学校

2008年の洞爺湖サミット終了後、「低炭素社会づくり行動計画」が策定され、日本ではCO2排出量を2050年までに60〜80%削減する目標が掲げられました。その具体策の一つが太陽光発電の導入です。
パスポートでは、公共施設・学校・工業施設・店舗・集合住宅などの立地条件・建物形状・電力設備を考慮しながら最適プランをご提案してまいります。

現在、鹿児島県いちき串木野市で計画が進行中の「日本初の自然エネルギー工業団地」での太陽光発電事業にも参加しています。

京セラ製の太陽光発電システムは、日本政府が提唱する「スクール・ニューディール」構想を受け、数多くの学校施設へ設置されています。設置件数は1,200件を超え、シェアは40%以上で業界第1位です。
(2011年3月時点)

24年3月いちき串木野市スマートコミュニティ構築事業FS(フィージビリティスタディ)調査報告書1(PDF 19MB)

24年3月いちき串木野市スマートコミュニティ構築事業FS(フィージビリティスタディ)調査報告書2(PDF 20MB)

23年2月いちき串木野市新エネビジョンFS(フィージビリティスタディ)報告書(PDF 9.1MB)

環境維新ファンド さつま自然エネルギー

大規模太陽光発電事業(メガソーラー)と地域活性化(町おこし)を融合。クリーンなエネルギーの普及に貢献する市民ファンドを全国に募集します。

環境維新ファンド さつま自然エネルギーについてはこちら

京セラの公共・事業用太陽光発電システム導入例

イオンレイクタウン様(埼玉県) 481kW

イオンレイクタウン様(埼玉県) 481kW

岩手県立中部病院様(岩手県) 50kW

岩手県立中部病院様(岩手県) 50kW

茅野市ちの保育園様(長野県) 10kW

やまなみ保育園様(熊本県) 10kW

このページの先頭に戻る

|  ホーム   |  太陽光発電   |  リフォームコンセプト   |  リフォームの流れ   |  リフォームプランの紹介   |  リフォーム実績   |  サイトマップ  |