外構・エクステリア実績

限られたスペースの有効利用 町田市K様邸

私道の緩い坂道を登ると突き当たりにK様邸はありました。
リビングの掃出しサッシが私道下からまる見えの状況でした。
目隠しフェンスを設置したいところですが南側なのでK様の言う通り採光を確保できるフェンスを採用しました。このフェンスはウッドデッキからの落下フェンスの役目も果たすように設計しました。

ご要望

  • 南側の庭にウッドデッキをなるべく大きく設置したい。
  • リビングからの目隠しフェンスをしたいが採光も確保したい。
  • 2階バルコニーにテラス屋根を取り付けたい。
  • 車庫の照明スイッチを車庫内の壁に設置したい。

ウッドデッキ

デッキからの落下を避けるためにフェンスは必須でした。しかし、デッキ上にフェンスを設置するとデッキの出幅が小さくなってしまいます。そこで化粧ブロックとフェンスのセットで解決しました。

フェンス

採光を確保しながら目線も隠せる商品を採用しました。既存のメッシュフェンスを撤去して化粧ブロックを3段積み、その上に1200のフェンスを設置。デッキ使用時の落下防止も兼用しました。

2階テラス設置

急な雨でも洗濯物が濡れずにすみます。バルコニーの出幅が90cmに対し、テラス屋根は120cmの出幅にしました。
少々の雨が降っても心配ないです。

お客様の声

限られた庭スペースを一番有効に使える方法を考えていました。設計士の加藤さんからのアドバイスで本当に使い勝手が良くて無駄のない仕上がりになりました。フェンスの選択も大成功でした。休みにはウッドデッキに座りながらビールを楽しんでいますが、道路からの視線が全く気になりません。子供が落下する心配も無いので安心です。妻は2階に設置したテラス屋根を喜んでいます。急な雨でも心配ないし、夏場は2階の居室が他の部屋と比べると涼しいそうです。そういえば加藤さんが言ってた熱線遮断ポリカーボネートのお陰ですかね。

施工担当者の声

K様邸の南側スペースの下は車庫になっています。東側に植栽スペースも確保されていたので南側は木や植栽を植えるよりウッドデッキをいっぱいまで拡げたほうが良いと判断しまいた。しかしデッキ上に通常のデッキフェンスを取り付けるとデッキの出幅がフェンスに取られてしまいますし、デッキフェンスには種類も少ないので目隠し+採光確保が難しい。そこで化粧ブロックを積んでブロックにフェンスを立てれば良い。デッキはブロックまでいっぱいに拡げられて一石二鳥の方法で全てを解決しました。

実績一覧に戻る

このページの先頭に戻る

|  ホーム   |  太陽光発電   |  リフォームコンセプト   |  リフォームの流れ   |  リフォームプランの紹介   |  リフォーム実績   |  サイトマップ  |